Over the next half-century

2019年春夏、服地コンバーターのアパレルへの提案 

2018.04.04

プレスリリース

今、ものづくりを深める

2019年春夏シーズンに向けて婦人服市場活性化の原動力となりうる素材に期待が寄せられています。
いま、婦人服地コンバーターの独創的な素材開発、意匠力に注目です。
有力各社の19年春夏、アパレルへの提案を聞きました。


天然素材見えの高スペック素材

課長 土井千鶴氏

 長く続いた合繊ブームが終わり、90年代後半から始まる古着ブームやカジュアル思考から天然素材のルックスやタッチが注目されます。
 しかし合繊のイージーケアと軽さに慣れ親しんだ消費者は天然素材の不便さとその重さは歓迎しません。
 そこで天然素材のルックスやタッチはそのままに残した複合混素材でその課題を解消し、プラスアルファルファの機能を付加して、利便性を上げ生活に寄り添います。
 世界的に不安視されている環境変化による強い紫外線やゲリラ豪雨などから身を守るUVカット機能や撥水機能などのセカンドスキン機能にも注目しています。
 身の周りの繊維製品はただのおしゃれではなく、生活の質そのものを向上させるアイテムへと進化します。

 

■今後の展示会(内見会)の日程
 ●4月11日~12日/東京:原宿クエスト(18-19AWテキスタイル総合展示会)
 ●4月24日~27日/大阪:大阪本社3F(19SSプレビュー展)
 ●5月8日~11日/東京:東京本部B1(メンズ19SSプレビュー展)
 ●5月15日~24日/東京:東京本部B1(19SSプレビュー展)

(繊研新聞 平成30年4月4日)

お知らせの一覧に戻る