Over the next half-century

タイ法人が軌道に 

2016.12.15

プレスリリース

サンウェル ストック機能広がる

 服地コンバーター、サンウェルのタイ法人、サンウェル・タイランドが軌道に乗ってきた。国内の有力SPA(製造小売業)ブランドなどとの取り組みが拡大し、昨年から黒字化、ベトナムとの連動なども進行している。

 サンウェル・タイランドは設立から3年半。綿100%や綿ストレッチ、綿とポリエステルやセルロース「テンセル」の複合、ポリエステル100%などの無地を中心に、現地で開発した生地をストック、1反から販売できるシステムで日系アパレルの東南アジア縫製に対応する。

 東南アジアでのテキスタイルストックビジネスがまだ少ない中、要望があればタイ、ベトナム縫製などでのOEM(相手先ブランドによる生産)も行っている。設立当初からメンズやスポーツ分野を中心に、SPAや専門店チェーンブランドなどと取り組んでいる。

 現在、現地ストック素材は32マークに拡大、ジャージーなど、別注対応も進行し、レディスブランドとの取り組みも増えてきている。ベトナムには昨年からテキスタイルギャラリーとして企画商談ができるスペースも設置した。タイ、ベトナムを連動させ、東南アジアでのビジネスを拡大する。

(繊研新聞 平成28年12月15日)

お知らせの一覧に戻る