Over the next half-century

サンウェルネット より使いやすく進化 フリーワード検索など導入 

2017.07.19

プレスリリース

 サンウェル(大阪市中央区)は自社で運営する生地の在庫照会、販売サイト「サンウェルネット」を4月から大幅にリニューアルした。フリーワード検索で生地を探せるようにするなど改良を施し、利用者から「使いやすくなった」と好評を得ている。

 サンウェルネットは2002年に立ち上げた在庫照会、生地の原反、サンプル注文、発送指示までができるシステム。今年1月に「もっと見やすく、使いやすく」とデザインを改良し、4月には新機能を幾つか加えた。

 これまでも用意されたキーワードから選択する生地検索サービスはあったが、そのキーワード数を大幅に増やすとともに、フリーワード検索を新たに導入した。例えば、「麻」「スペース」「ストレッチ」と打ち込めば、ストレッチ性を特徴とする麻使いの生地がヒットしてくる。さらに、「類似品検索」という新機能も導入。廃番になったものや在庫切れした品番があった場合、その品番を打ち込めば、類似品が容易に分かる。「全く同じものでなくても急ぎで必要」といった際に重宝されそうな検索サービスだ。

 その他、生地が掲載されたサンプル帳や、各生地の試験結果を開示するサービスや、同社がシーズンテーマなど節目ごとに打ち出す企画、イベントなどを動画配信するサービスも始めた。

(繊維ニュース 平成29年7月19日)

お知らせの一覧に戻る