Over the next half-century

繊維ニュース インタビュー 

2017.08.01

プレスリリース

 「生地屋は狩猟民族」と話すのはサンウェルの今泉治朗社長。狩猟とは対面営業のことを指し、「(農耕民族のように)待っていても売れるほど甘い世界ではない」と強調する。同社は2002年に生地のネット販売サイト「サンウェルネット」を開設し、その利用者を順調に伸ばすなど生地のネット販売での先駆者的存在。キーワード検索をこのほど導入するなど同サイトを大幅にリニューアルし顧客の利便性向上を図り、生地屋の根幹は攻めの営業にあると強調する。顧客ニーズをくみ取り、自分で考えて、動く。ネットを駆使しながらも基本は対面営業。”生地屋の原点”に立ち返り、アパレル不況を乗り越える。

(繊維ニュース 平成29年8月1日)

お知らせの一覧に戻る